バイデン大統領、アルメニア人に対する過去の大量虐殺を認識、トルコ政府による怒りは必至

(2021年5月1日)

In this March 24, 2021, file photo, Turkey's President Recep Tayyip Erdogan gestures as he speaks during his ruling party's congress inside a packed sports hall in Ankara.(Turkish Presidency via AP, File)


 バイデン米大統領は、第一次世界大戦中のアルメニア人の殺害をジェノサイド(民族大量虐殺)と呼んだが、これは、北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコを怒らせる前例のない認定だ。
 バイデン氏は、アルメニア追悼記念日の声明で「米国人は、106年前の今日始まったジェノサイドで亡くなったすべてのアルメニア人を敬う」と述べた。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


対北政策、米朝共同声明をベースに-デトラニ氏、「戦略的忍耐」は失敗

(2021年05月07日)

就任100日、左傾化強めるバイデン政権

(2021年05月07日)

民主党主導の州に有利な国勢調査結果、共和が警戒

(2021年05月06日)

バイデンのあまりに無責任な国境管理

(2021年05月05日)

バイデン氏、国防総省の予算を使った前政権の国境の壁建設を中止

(2021年05月03日)

FDA、メントールたばこ禁止へ

(2021年05月02日)

ハリス氏、移民急増は「一夜では解決しない」

(2021年05月02日)

中国、何百人もの米科学者に不正に圧力

(2021年04月30日)

バイデン大統領、初の外遊で英・ベルギー訪問へ

(2021年04月29日)

天然資源活用の過剰な犯罪化は危険

(2021年04月28日)
→その他のニュース