リズ・チェイニー氏、共和党幹部の地位喪失か

(2021年5月12日)

House Minority Leader Kevin McCarthy of Calif., speaks during his weekly press briefing on Capitol Hill, Thursday, April 22, 2021, in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik)


 共和党のリズ・チェイニー下院議員は、政治生命を犠牲にすることなくトランプ前大統領と決別し、「選挙は盗まれた」という主張を拒否することはできると党下院議員らに示そうと必死だ。

 だが、議員らは、チェイニー氏の下院共和党会議議長としての地位は間もなく終わると予測、後任を誰にするかをめぐるうわさが飛び交っている。

 チェイニー氏のこの思い切ったかけは、トランプ氏を支持するケビン・マッカーシー下院共和党院内総務が4日に、マイクのスイッチが入っていることを知らずに、チェイニー氏は「大きな問題」で、「決別した」と話していたことを受けて注目されるようになった。

 マッカーシー氏は「FOX・アンド・フレンズ」の司会者スティーブ・ドゥーシー氏に「誰かが言いださなければならない。恐らくそうなるだろう」と述べた。

 この発言の音声がソーシャルメディアで公になり、アクシオスが最初に報じた。マッカーシー氏の本心をのぞかせる発言だ。

 テレビで放送された部分では、これほど直接的な言い方はしていない。

 「議長としての職務を遂行する能力があるのかについて懸念しているという話を聞いた。意思疎通ができていない」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース