カマラ・ハリス副大統領、中南米からの移民問題は気候変動が原因

(2021年5月15日)

In this March 24, 2021 photo, a migrant man, center, holds a child as he looks at a U.S. Customs and Border Protection agent at an intake area after crossing the U.S.-Mexico border, early Wednesday, March 24, 2021, in Roma, Texas. (AP Photo/Julio Cortez)


 バイデン米政権は、メキシコとの国境での移民危機を新たな枠組みで捉え直しており、流入はホワイトハウスの政策によるものではなく、中米のエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスの北部三角地帯の気候変動によるものだと主張している。

 危機へのホワイトハウスの対応を主導する任務を担うカマラ・ハリス副大統領は今週、ワシントンで開催されたアメリカ会議の前の演説でこうした主張をした。

 「エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスの市民は、驚くべき速度で母国を離れている。しかし、そのニュースの背後には根本的な真実がある」。ハリス氏はこう述べた。「彼らはやむを得ないと感じたときにだけ立ち去る…このためわれわれは、移住の急性的な要因と根本的な原因の両方に取り組むことに焦点を合わせている」

 ハリス氏によると、これらの根本的な原因の1つは、北三角地帯の国々による「気候変動への適応と回復力の欠如」だった。ハリス氏は、特に気温の上昇と海面上昇が国の経済に打撃を与えたと主張した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース