カマラ・ハリス副大統領、中南米からの移民問題は気候変動が原因

(2021年5月15日)

In this March 24, 2021 photo, a migrant man, center, holds a child as he looks at a U.S. Customs and Border Protection agent at an intake area after crossing the U.S.-Mexico border, early Wednesday, March 24, 2021, in Roma, Texas. (AP Photo/Julio Cortez)


 バイデン米政権は、メキシコとの国境での移民危機を新たな枠組みで捉え直しており、流入はホワイトハウスの政策によるものではなく、中米のエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスの北部三角地帯の気候変動によるものだと主張している。
 危機へのホワイトハウスの対応を主導する任務を担うカマラ・ハリス副大統領は今週、ワシントンで開催されたアメリカ会議の前の演説でこうした主張をした。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン米政権、対中融和に後戻り 台湾との関係を制限

(2021年09月28日)

米国の名門大学で吹き荒れる「キャンセル文化」

(2021年09月27日)

自信付けるイラン、しぼむ米の核合意への期待

(2021年09月26日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年09月22日)

米国、ワクチン接種済みの旅行者すべてを入国許可へ、欧州の圧力で

(2021年09月22日)

バイデン、巨額のインフラ投資法案の中に労働組合費の控除を押し込む

(2021年09月21日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)
→その他のニュース