銃の隠し携帯権を侵害する訴えを却下せよ

(2021年5月18日)


 ANALYSIS/OPINION:米国憲法修正第2条は、わずか27語だが、それらの意味をめぐる司法上の論争は、本棚が重みに耐えかねてうめくほどの重みがある。  

 バイデン大統領が銃器への攻撃を再燃させたことで、その重さは、もうすでに、もっとすごいものになりつつある。  

 数多くの訴訟によって、銃所有・携帯が米国人の権利として維持されるか、再び違法とされるかが決まりそうだ。  

 昨今のような時勢に流されやすい時代には、銃器所有の権利を詳述するのに米国憲法起草者らが用いた言葉は外国語のように響く。「よく統制された国民義勇軍は自由な国の安全保証にとって必要であるから、国民が武器を所有し、かつ携帯する権利は、これを侵害してはならない」とあるが、この問題は、実際、それほど複雑ではない。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース