バイデン氏がIRS強化案、報告・守備義務めぐり懸念

(2021年5月19日)

In this April 13, 2014, file photo, the Internal Revenue Service Headquarters (IRS) building is seen in Washington. (AP Photo/J. David Ake, File)


 バイデン大統領は、大企業や富裕層への増税のために内国歳入庁(IRS)を増強しようとしているが、銀行業界からは冷ややかな目で見られ、IRSが、法を順守する国民の貯蓄、引き出しの情報を乱用するのではないかという懸念が高まっている。バイデン氏は、「タックスギャップ」を小さくするために、IRSの予算を増額しようとしている。タックスギャップとは、課税額と実際に支払われた税の差額を指す。予算増額分は、大企業と、課税所得を隠している可能性のある富裕層からの税の徴収に使用される。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)

「気候項目なければ、取引はない!」:革新派が超党派のインフラ合意案を脅かす

(2021年06月21日)

「文化革命」を起こすことが批判的人種理論の狙い

(2021年06月20日)

バージニア州、無能な民主党候補者と怠惰なトランプ支持候補者の勝負?

(2021年06月20日)

ハッカー集団ダークサイド、新たな手法で攻撃再開

(2021年06月19日)

ハリス副大統領、不法移民を「全力で守る」

(2021年06月19日)

ポンペオ氏、コロナ起源で独立した再調査要求

(2021年06月18日)

イルハン・オマル議員の反イスラエル・反米レトリックで、下院民主党幹部会に広がる亀裂

(2021年06月18日)
→その他のニュース