オレゴン州5郡がアイダホ州への移転に賛成

(2021年5月24日)

Oregon Gov. Kate Brown speaks Tuesday, Nov. 10, 2020, in Portland, Ore. Brown and Oregon health officials warned Tuesday of the capacity challenges facing hospitals as COVID-19 case counts continue to spike in the state. (Cathy Cheney/Pool Photo via AP)


 オレゴン州東部の5郡で18日、アイダホ州に加わることを検討するよう求める住民投票が行われ、承認された。

 州の境界線を引き直して、民主党支配のオレゴン州から分離することを求める運動にとってはこれまでで最大の勝利だ。

 「大アイダホを支持する市民」は、シャーマン、レイク、グラント、ベーカー、マラーの5郡が、郡政委員に境界線引き直し案を推進するよう指示する案を承認したことを明らかにした。別の2郡、ユニオン、ジェファーソンは昨年11月にすでに同様の措置を取っている。

 昨年11月3日の選挙では、別の2郡が、大アイダホ案を否決した。しかし、18日の表決では、5郡すべてで承認された。

 「大アイダホを支持する市民」のマイク・マッカーター会長は「この選挙は、オレゴン州の地方が州から出たがっていることを示している。オレゴン州が、自決などのリベラルな価値観を本当に支持しているなら、議会は、私たちの意思に反して、郡を人質に取ることは決してない。政府高官を選挙で選べるのだから、政府も選挙で選べるはずだ」と主張している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース