バイデン政権の排ガス規制で国民は難問に直面

(2021年5月27日)


 ANALYSIS/OPINION:自由とは、必要と欠乏を満たす選択を行う機会が与えられるという意味だった。  

 それは、個人を対象にした場合のことだが、バイデン大統領は、政府に、米国民の移動手段の選択を制限する自由を与えている。カリフォルニア州に、自動車の排ガス基準を維持する自由を与えることにより、大統領の下の当局者は事実上、国民が購入したくなくなるような高価な車から選ぶことを強いることになる。  

 消費者の難問は、国家道路交通安全局(NHTSA)の「安全で手頃な燃料効率(SAFE)」規制廃止計画からきている。トランプ政権は2019年、ワシントン州よりも厄介なカリフォルニア州の温室効果ガス排出規則の施行を阻止するためにこの規制を変更した。太平洋岸で起きたことは、それ以外の地でも起きる。規制廃止は、米国のガソリン車との恋仲の終わり

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース