トランプが作った新しい共和党の中で、トランプの影響に陰りが見えてきている

(2021年5月28日)

Multiple news organizations have noted and commented on former President Donald Trump's weight and appearance recently. (Associated Press)


 ANALYSIS/OPINION:1か月前の本コラムで、バイデン政権がすでにピークに達したと予測した。ほとんどの人はその考えに賛成することを躊躇したが、18日に、ウォールストリート・ジャーナル紙前編集局長のジェラルド・ベイカー氏がついにその考えに同調した。

 それから1か月間は、バイデン大統領にとって恵まれたものではなかった。パレスチナ人は、バイデン氏が生まれつきある種のエネルギーを欠いていることを理解していた。南部国境ででは緩やかな侵略が起きており、4月に17万8千人が米国に不法に入国しようとして逮捕された。これは20年で最大の数だ。米国の最も重要なエネルギー資産へのロシア人によるサイバー攻撃を誘発させ、低迷する雇用者数と多少のインフレを招くなど、混沌とした大統領就任期間となっている。

 前に述べたように、それはすべて予測可能であり、実際に予測されていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース