バイデン、プーチン両氏、6月16日にジュネーブで初顔合わせ

(2021年5月28日)

In this March 10, 2011 file photo, then-Vice President Joe Biden, left, shakes hands with Russian Prime Minister Vladimir Putin in Moscow, Russia. (RIA Novosti, Alexei Druzhinin/Pool via AP, File)


 バイデン大統領は6月16日にロシアのプーチン大統領とスイスで会談する。ホワイトハウスが25日、明らかにした。

 2人は、英カービス湾で開催される先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席に合わせてジュネーブを訪問する。

 サキ米大統領報道官は、「両首脳は、さまざまな差し迫った問題について話し合う。米露関係の予測可能性と安定を取り戻すことを望んでいる」と述べた。

 ロシア政府も同時に声明を出し、会談の日時を確認した。

 会談への注目度は高い。

 バイデン氏は、欧米諸国を悩ませてきたロシアとの「予測可能で安定」した関係を望んでいると述べた。

 情報当局者らは、2016年大統領選にサイバー攻撃で介入し、欧州と対立しているとしてロシアを非難してきた。プーチン氏とロシア軍は依然、ウクライナ国境沿いの緊張を高めている。ロシアは、米国と北大西洋条約機構(NATO)が攻撃を仕掛けていると主張している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース