100超の米都市で中国製監視カメラ、連邦政府は使用禁止

(2021年5月29日)


 米国内の100以上の都市、郡で、連邦政府が使用を制限している中国製の監視システムが導入されていることが調査から明らかになった。  

 映像監視システムの調査会社IPVMとITニュースサイト「テッククランチ」の調査によると、地方都市などで、中国企業のダーファとハイクビジョンの赤外線画像・映像技術に数十万ドルが投じられているという。  

 2019年国防権限法は、政府機関が両社の製品を使用するのを禁止している。調査によると、連邦レベルでは事実上禁止されているが、地方自治体では依然として導入が続いているという。  

 テッククランチによると、「ジョージア州フェーエット郡の教育委員会が20年8月に49万ドルをかけて、公立学校での体温測定にハイクビジョンの赤外線カメラを購入したのが最大」。  

 ハイクビジョンとダーファの米政府機関への売却額は、体温測定機器の販売が増加したことから、19年~20年に80%増加している。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース