内部分裂と反ユダヤ主義に揺れるユダヤ系米国人

(2021年5月31日)

Pro-Israel supporters chant slogans during a rally in support of Israel outside the Federal Building in Los Angeles, Wednesday, May 12, 2021. (AP Photo/Jae C. Hong, file)


 イスラエルとガザ地区を支配する民兵組織ハマスの間の戦闘が発生、先週、停戦を迎えた。

 ラビ(ユダヤ教教師)の教えを受けるマックス・バックスダールさんは、自身のコミュニティーの中で、イスラエルと精神的につながりを持つ人々を思いやりながら、パレスチナの人々も支援したいと思っている。

 25歳のバックダールさんは、ラビ、礼拝の主唱者を目指す数十人の学生とともに、パレスチナへの連帯を示し、米国のユダヤ人にイスラエルの変革を求めるよう訴える書簡に署名した。イスラエルはガザ攻撃でイスラエルを非難している。

 これに対しすぐに、ラビのブラッドレー・シャビット・アートソン師から抗議が来た。アートソン師は、アメリカン・ジューイッシュ大学のジーグラー・ラビ研究院の学部長で、ここでは、新世代の保守派ラビを養成しており、その一部が書簡に署名した。

 アートソン師は抗議文で、パレスチナの人々の苦難を強調することは尊重するが、イスラエルとイスラエルのユダヤ人に対する連帯を欠いていること、イスラエルの苦難と、ハマスの「残忍な独裁」から目を逸らしていることに失望したと記している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース