米IT大手への国際課税に関税で対抗するバイデン政権

(2021年6月5日)

In this Feb. 25, 2021, file photo, Katherine Tai, then the nominee for U.S. trade representative, speaks during a Senate Finance Committee hearing on Capitol Hill. (Bill O'Leary/The Washington Post via AP, Pool)


 バイデン政権は2日、グーグル、フェイスブックなどIT企業デジタルサービス税を課した6カ国の製品に関税を課すと威嚇した。

 通商代表部(USTR)のキャサリン・タイ代表は、関税を課すが、最長180日間、実行を保留とすると発表、デジタルサービス税の問題に対処する国際的な合意が交わされることに期待を表明した。

 関税の税率は25%、デジタルサービス税に対する報復であり、オーストリア、インド、イタリア、スペイン、トルコ、英国からの輸入品約20億㌦が標的となる。

 デジタルサービス税は、課税する国に事業所などを持たないが、ユーザーや顧客を持つIT企業を対象とする。2年以上前から、各国が世界的な電子商取引という新しい現実に適応しようとする中で、この問題をめぐって激しい国際的な議論が展開されてきた。トランプ政権は、フェイスブック、グーグル、アマゾンなど、ほとんどが米企業である新しいIT大手企業への外国による課税への取り組みに強く反対してきた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース