移民の子供たちを収容する費用が「急上昇」と共和党は批判

(2021年6月6日)

Children and adults wait in lines for donated food at a makeshift camp for migrants near the U.S.-Mexico border Friday, May 14, 2021, in Reynosa, Mexico. (AP Photo/Gregory Bull)


 米下院監視改革委員会で共和党トップは2日、毎日違法に国境を越えて押し寄せる何百人もの子供たちに対処するため「急上昇」する費用を調査する公聴会を開催するよう要求し、バイデン政権は危機を軽視するために言葉を都合よく解釈していると述べた。

 ケンタッキー州選出でジェームズ・コーマー下院議員は、同僚議員を率い、書簡で同委が傍観者的態度をやめ、現状について公聴会を開くよう求めた。

 これは3カ月足らずのうちで、3度目の要請だった。過去2回は、ニューヨーク州選出のキャロライン・マロニー同委員長(民主党)からの回答はなかった。トランプ前政権下で今回より少ない移民の子供の増加があった時、民主党は公聴会の開催に積極的だったにもかかわらずだ。

 「われわれの委員会は、民主党がホワイトハウスを占めているという理由だけで、傍観するべきではない」とコマー氏と同僚の共和党議員は述べた。

 ワシントン・タイムズ紙は、マロニー氏の事務所にコメントを求めている。

 毎日メキシコ国境を越えて来る同伴者のいない子供の数は、3月のピークからは減少しているが、5月31日の合計は446人だった

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース