バイデン氏の電気自動車の未来に大きな障害

(2021年6月7日)


 バイデン大統領は、ガソリン車から電気自動車への移行を目指しているが、高価格であること、充電池に必要な物資の調達など、困難な課題に直面している。  

 ところが、バイデン氏の気候変動政策は、米国の温室効果ガスの29%を排出している運輸部門の一新に依存している。  

 バイデン氏はミシガン州のフォード・モーター電気自動車工場を訪れた際、「自動車産業の未来は電気にある。後戻りはない。電気自動車の普及速度を変えていきたい」と述べた。  

 電気自動車の問題点の一つは、高価なことだ。  

 「カー・アンド・ドライバー」誌は昨年、コンパクトガソリン車の基準価格が同等の電気自動車を大幅に下回ると報じた。  

 ミニ・クーパーの価格は、平均で約2万4000㌦。一方、電動のミニ・エレクトリックは3万㌦を超える。フォードのピックアップトラック、F-150の基準価格は最低で約2万8000㌦だが、電動型の「エントリーモデル」は3万9000㌦以上だ。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース