中国、ロシアからの暗殺の恐怖に脅える亡命者

(2021年6月8日)

This April 13, 2016, file photo shows the seal of the Central Intelligence Agency at CIA headquarters in Langley, Va. (AP Photo/Carolyn Kaster, File)


 米情報機関が、ロシア、中国などの敵対国で米国のためのスパイ活動を行った高位の亡命者数百人を、生涯にわたって保護していることはあまり知られていない。

 このプログラムに関わった中央情報局(CIA)元工作員が、その難しさについてワシントン・タイムズに語った。

 ジョセフ・アウグスティン氏は2004年に退職するまでの28年間、この極秘業務に携わっていた。同氏によると、CIAの保護を受けた亡命者のほとんどは、名前を変え、米国で息をひそめながら新たな生活を送っているという。

 保護を受けない場合は、暗殺の危険もある。旧ソ連国家保安委員会(KGB)のアレクサンダー・ザポロズスキー大佐は、KGBにだまされてソ連に帰国し、強制労働の判決を受けている。

 アウグスティン氏は「亡命者保護プログラムの対象者は、CIAのスパイ活動にとって最も重要な資産だ。生涯にわたって亡命者に責任を持つ」と強調。連邦保安局の証人保護プログラムと違い、規則に従わない者がいても、保護対象から外すことはないという。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース