コロナが研究所流出なら、中国は賠償すべき

(2021年6月9日)


 ANALYSIS/OPINION:1年半前に発生した新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中で350万人以上が死亡した。  

 ありがたいことに、日々の死者数は減ってきており、注目は、単に人命を救うことから、この死に至る病の発生原因をたどることに移りつつある。  

 責任を追及する側にも、問題があることが明らかになる可能性はあるが、将来の災害を回避するには、責任のある当事者らは、その責めを負わされなければならない。  

 悪いことをした人たちが問題と真剣に向き合いたがらないのは人間の本能である。間違いなく新型コロナの発生地である中国は、今後とも謝罪をすることはないと明言している。まるで、中国の改悛(かいしゅん)の念の欠如など大して腹立たしいことではないかのように、北京政府は、もはや、これ以上ウイルスの発生源の調査に協力するつもりはないと明言した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース