上院議員、ハッカーをかくまう国への罰を主張

(2021年6月10日)

Sen. Mark Warner, D-Va., the Senate Intelligence Committee chairman, answers a reporter as senators rush to the chamber for votes ahead of the approaching Memorial Day recess, at the Capitol in Washington, Wednesday, May 26, 2021. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


 共和、民主両党の2上院議員が6日、米国民は「ガソリンと牛肉を取り上げ」られ、ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)について真剣に考えるようになったと指摘、ハッカーをかくまっている国を罰するべきだと訴えた。
 民主党のマーク・ワーナー上院議員(バージニア州)は、米国の燃料の大動脈であるコロニアル・パイプライン、食肉処理のJBSフーズ、アイルランドの保健機関が、ロシアを拠点にしているとみられるハッカー集団の攻撃を受けたことを受けて、国際的な規範が必要だと主張した。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン米政権、対中融和に後戻り 台湾との関係を制限

(2021年09月28日)

米国の名門大学で吹き荒れる「キャンセル文化」

(2021年09月27日)

自信付けるイラン、しぼむ米の核合意への期待

(2021年09月26日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年09月22日)

米国、ワクチン接種済みの旅行者すべてを入国許可へ、欧州の圧力で

(2021年09月22日)

バイデン、巨額のインフラ投資法案の中に労働組合費の控除を押し込む

(2021年09月21日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)
→その他のニュース