バイデン政権は、クアッド拡大で中国に対抗することは目指していない

(2021年6月11日)

Australia's Prime Minister Scott Morrison, right, and Minister for Foreign Affairs Marise Payne, left, participate in the inaugural Quad leaders meeting with the President of the United States Joe Biden, the Prime Minister of Japan Yoshihide Suga and the Prime Minister of India Narendra Modi in a virtual meeting in Sydney, Saturday, March 13, 2021. (Dean Lewins/Pool via AP)


 バイデン政権当局者らは、米、インド、日本、オーストラリアの戦略的枠組み「クアッド」に他国を加える意向はなく、インド太平洋地域での米国の政策の今後は、この四つの民主主義大国が、世界の舞台で攻勢を強める全体主義の中国に、いっそう強く連携して対抗できるかどうかにかかっていると述べた。

 クアッドに関与している政権高官の1人はワシントン・タイムズに「インド太平洋への進出をめぐる米国の政策全体にとってクアッドは、間違いなく中心的位置を占めるようになる」と述べた。この高官は、ホワイトハウスが今年、クアッドによる初めての「首脳レベル」での対面でのサミットの準備を進めていることを明らかにした。

 その一方で中国は、クアッドに対する非難を強め、米国が、非公式な「クアッド・プラス」構想を立て、韓国、フィリピン、シンガポール、マレーシア、ベトナムなど中国周辺の諸国から戦略的な理解を得ようとしているとの見方が出ている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース