米運輸長官、バイデン氏の予算は「大胆で責任ある」

(2021年6月12日)

U.S. Secretary of Transportation Pete Buttigieg speaks during a press conference at the Atlanta BeltLine, Inc. office space in downtown Atlanta, Friday, May 21, 2021. (Alyssa Pointer/Atlanta Journal-Constitution via AP)


 ピート・ブティジェッジ米運輸長官は、6兆㌦の予算案は「大胆」かつ「責任ある予算」であると述べ、バイデン大統領の支出計画に対する財政上の懸念に反論した。

 ブティジェッジ氏は、道路や橋のほか、共和党が「インフラ」とは見なしていない多くの計画への「一世代に一度の」の投資として大統領が推進している2兆3千億㌦の「米国雇用計画」の主要な広報係を務めている。

 「これは責任ある予算であり、重要なことにこの予算への支出と投資のすべての提案は、報酬をもたらす」とブティジェッジ氏は「フォックス・ニュース・サンデー」で語った。「ただで何かを手に入れることはできない」

 「短期的には、道路、橋、教育、健康に大きな投資をする必要があることが分かっている」と同氏は述べた。「率直に言って、われわれは何十年もの間、米国を強くする投資をやめてきたので、しないわけにはいかない」

 共和党議員は、大統領の包括的な法案に難色を示し、あまりにも巨額であるとし、インフラの従来の定義をはるかに超えていると述べている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース