高まるUFOへの関心、議会に報告書提出へ

(2021年6月12日)


 未確認飛行物体(UFO)への一般の関心は、ロバート・サラス退役空軍大尉が約11年前にワシントンのナショナル・プレス・クラブでステージに立った時とは様変わりしている。  

 当時は、全米にこの現象に対する関心が広がっている現在と違っていた。  

 サラス氏と、6人の空軍退役軍人は、UFO研究者、作家のロバート・ヘイスティングズ氏を伴って、身元不明の飛行物体との遭遇体験について詳しく述べたが、この問題は当時、嘲笑され、否定され、根拠のない陰謀論として片付けられていた。  

 しかし、この2010年9月の画期的な記者会見をきっかけに、UFOとの遭遇が信頼できるものという主張が全米で起きるようになった。サラス氏がモンタナ州マルムストローム空軍基地上空で1967年に遭遇した奇妙な光などだ。サラス氏はその時、基地の核ミサイルが一時的に機能しなくなったと述べている。別の退役軍人らも、全米でUFOを目撃したという驚くべき証言をした。英国でも少なくとも1件の目撃例が挙げられていた。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース