ハリス副大統領の移民対策は逆効果か

(2021年6月14日)

Vice President Kamala Harris, center, makes a double thumbs up sign toward members of the media after exiting Air Force Two after a technical issue required the plane to return to Andrews Air Force Base, Md., Sunday, June 6, 2021, after it had already started begun flying to Guatemala City. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


 カマラ・ハリス副大統領は、国境の問題をめぐって初めての外交に乗り出す。中米に向かい、国家建設に40億㌦の提供を約束し、国民が自国で暮らせるよう状況の改善を求める予定だ。

 この戦略は以前にも試みられたが、アナリストらは、容易ではなく、短期的には、逆に米国に来る人々が増加することもありうると指摘する。

 移民研究センターの事務局長、マーク・クリコリアン氏によると、メキシコの所得は、メキシコとカナダの指導者らが1992年に自由貿易協定(NAFTA)に調印してから増加したが、ちょうどその時期、不法移民が「歴史上かつてないほど」急増したという。

 最近では、欧州連合(EU)がアフリカの20カ国以上で、移民の急増を阻止することを目指して、社会の建設を試みるプロジェクトに取り掛かった。国民がいたくなるような魅力的な国にするために、雇用、コミュニティー、統治機関に50億ユーロ(約6640億円)の供与を約束した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース