ハリス副大統領の移民対策は逆効果か

(2021年6月14日)

Vice President Kamala Harris, center, makes a double thumbs up sign toward members of the media after exiting Air Force Two after a technical issue required the plane to return to Andrews Air Force Base, Md., Sunday, June 6, 2021, after it had already started begun flying to Guatemala City. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


 カマラ・ハリス副大統領は、国境の問題をめぐって初めての外交に乗り出す。中米に向かい、国家建設に40億㌦の提供を約束し、国民が自国で暮らせるよう状況の改善を求める予定だ。この戦略は以前にも試みられたが、アナリストらは、容易ではなく、短期的には、逆に米国に来る人々が増加することもありうると指摘する。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


「ミュンヘンの虐殺」のイスラエル人犠牲者を、49年後に初めて追悼した東京五輪の開会式

(2021年07月30日)

キューバのデモ参加者の解放求め21カ国が署名

(2021年07月29日)

敵国へのエネルギー依存に向かうバイデン氏

(2021年07月28日)

バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年07月27日)

米大リーグでドラフト指名された正統派ユダヤ教徒は安息日もプレーするのか

(2021年07月25日)

コロナ関連死で子供150万人が保護者失う

(2021年07月24日)

「オバマ政権と変わらない」:バイデンのレッドラインを無視するハッカー

(2021年07月24日)

DACA違法判決受け、不法移民保護を急ぐ民主党

(2021年07月23日)

シューマー院内総務、8月休会までのインフラ法案成立目指し、民主党員に圧力

(2021年07月22日)

ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない

(2021年07月21日)
→その他のニュース