同盟修復に向かうバイデン欧州ツアーのタスクリスト

(2021年6月15日)

President Joe Biden salutes as he boards Air Force One upon departure, Wednesday, June 9, 2021, at Andrews Air Force Base, Md. (AP Photo/Alex Brandon)


 バイデン大統領は水曜日、就任以来初めてとなる外遊に出発した。

 大西洋の向こう側の国々との関係修復、コロナ感染症克服のためのワクチン戦略、経済と民主主義の先進諸国が結束してロシアや中国からの地政学上の挑発を克服し、サイバー空間で高まる脅威に対処することなどが期待されている。

 米政府高官は一週間近い一連の首脳級会合を通じて、連帯のテーマを強調することになるだろう。最初の三日間はイギリスでG7・先進国首脳会議、続いて北大西洋条約機構(NATO)の会合、そして来週水曜日にスイスで、ウラジミール・プーチン・ロシア大統領との会談が予定されている。

 米、英、仏、独、伊、カナダ、日本の首脳によるG7会合は、2019年以来初めとなる。バイデン大統領は、これを機に協調のメッセージを明確に発信して、トランプ前大統領の政権中に低下したG7の影響力を回復したい意向を明らかにしている。

 G7の中心的な目標は強力な民主主義勢力の「同盟強化」であり、「プーチンと中国に対し、欧州と米国が緊密に結束していることを明示することだ」、バイデン大統領はワシントンを出発した水曜日に語った。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース