米英首脳、パンデミックと気候変動への対応を誓う

(2021年6月18日)

US President Joe Biden, left, talks with Prime Minister Boris Johnson, during a walk, with their wives (not pirctured) outside Carbis Bay Hotel, Carbis Bay, Cornwall, Britain, ahead of the G7 summit, Thursday June 10, 2021. (Toby Melville/Pool Photo via AP)


 初の外遊として英国を訪問したバイデン米大統領は10日、ボリス・ジョンソン首相に気候変動に対して積極的な行動を取ることを約束し、G7サミットに向け、5億回分の新型コロナウイルスワクチンを提供することで、米外交に自らの足跡を残し始めた。

 バイデン氏とジョンソン氏は、80年の歴史を持つ両国間の大西洋憲章の改定に署名し、パンデミックやサイバー攻撃、地球温暖化問題などの脅威へ対処する互いの決意を新たにする必要があるとした。

 「われわれは、気候の危機に対処するための野心的で世界的な行動を駆り立てるという共通の目標を議論した」とバイデン氏は指摘した。同氏はまた、スコットランドで開かれる11月の気候変動に関する「重要な」国連会議に出席する。

 バイデン氏は、ドナルド・トランプ前大統領の外交政策を様々な面で転換しているが、改定された大西洋憲章は、トランプ氏によって署名された合意文書にはなかったであろう一つの項目が含まれている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース