ハリス副大統領、不法移民を「全力で守る」

(2021年6月19日)

Vice President Kamala Harris speaks about Deferred Action for Childhood Arrivals (DACA), Tuesday, June 15, 2021, in her ceremonial office on the White House complex in Washington. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


 カマラ・ハリス副大統領は15日、国外追放から不法移民を守るオバマ政権時の計画が開始されて9年を迎えたことを受けて、バイデン政権は、不法移民を守るために「できる限りのこと」をすると述べた。

 ハリス氏は「市民権を得る道を提供し、安心感を持たせることが非常に重要だ」と述べ、米国内に1100万人いるとみられる不法移民に恒久的な滞在資格を与える法案を承認するよう上院に求めた。

 ハリス氏は、民主党のディック・ダービン(イリノイ州)、ボブ・メネンデス(ニュージャージー州)両上院議員、権利擁護団体、全米家事労働者同盟(NDWA)のメンバーらと会った。

 その場で、上院議員時の公聴会で、トランプ政権のジョン・ケリー国土安全保障長官に「DACA(幼少期に親などに連れられ米国へ不法入国した移民を強制送還の対象から外す救済措置)」についてどう取り組んでいくかについて質問した時のことに触れた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース