バイデン氏、海外の石炭火発への支援停止表明 米国のエネルギー産業は反発

(2021年6月22日)

President Joe Biden speaks during a news conference after attending the G-7 summit, Sunday, June 13, 2021, at Cornwall Airport in Newquay, England. (AP Photo/Patrick Semansky)


 米国のエネルギー産業は、海外の石炭火力発電への公的支援を停止するというバイデン米大統領の約束を非難、民主党の「石炭戦争」の表れだと指摘している。

 全米鉱業協会(NMA)のアシュレー・バーク上級副会長は、燃料目標を設定し、石炭の価値を下げることは世界の気候問題の解決にはならないと述べた。

 「石炭は、電力供給、価格、信頼性をめぐってバランスが取れるという点で非常に重要であり、とりわけ、世界が、持続性が弱く、天候に依存する電源に移行している時であり、その重要性は高まっている」

 英国での先進7カ国との会合で、バイデン氏ら各国首脳は、炭素回収技術を取り入れない国外の新たな火力発電への公的資金による支援を停止することで合意した。

 各国は声明で「衰えることのない石炭への世界の投資はすぐに止めなければならないことを訴え、2021年末までに衰えることのない世界の石炭火力発電への政府の新たな直接支援は終わらせることを約束する」と表明した。

 炭素回収技術はまだ初期段階にあり、広く普及させることができないことを考えれば、この約束は石炭を恒久的に放棄させるよう開発途上国に圧力をかけることになる。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース