米・インドネシアが合同海事訓練センターを開設

(2021年7月5日)

In this photo provided by U.S. Navy, the USS Ronald Reagan (CVN 76) and USS Nimitz (CVN 68) Carrier Strike Groups steam in formation, in the South China Sea, Monday, July 6, 2020. (Mass Communication Specialist 3rd Class Jason Tarleton/U.S. Navy via AP)


 中国軍による南シナ海の乗っ取りを阻止するため、米国防総省は最近、インドネシアのバタム島に米・インドネシア合同の海事訓練センターを起工した。

 表向きは麻薬および国際犯罪対策センターとなっているが、この合同センターは国防総省にとって、南シナ海を中国の内海化してしまう企てに対峙する上で、周辺地域にとって重要な意味を持つものだ。

 「我々は今回の提携に満足しており、センターの落成を心待ちしている」、国防総省のジョン・サップル報道官は語った。

 同センターの建設が始まったのは、シンガポールの対岸で、戦略的なマラッカ海峡の入口にあたる島だ。この海峡にあるチャンギ海軍基地には米国の軍艦がひんぱんに停泊している。また同海峡はマレーシアのマレー半島から、インドネシアのスマトラ島に至る幅580マイルの水路だ。インド洋と太平洋を結ぶ主要な航路として、狭い海峡だが世界で最も重要な航路のひとつと見なされている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

日米豪印「クアッド」は対中国で他の国々にも門戸を開けよ

(2022年01月09日)

米国防総省高官、対中情報競争で企業や大学との協力不可欠と主張

(2022年01月08日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

米露電話会談、ウクライナめぐる緊張緩和につながらず

(2022年01月05日)

アフガンの反タリバン抵抗勢力、米国の支援得られず

(2022年01月04日)

アフリカで勢力伸ばすイスラム国

(2022年01月02日)

中国軍、「脳制御」兵器を研究 意識支配し「戦わずに勝つ」

(2022年01月01日)
→その他のニュース