母国以外の旗の下で競技するアスリートたち

(2021年8月1日)

A flag bearing the Olympic Rings is displayed on the south pitch during field hockey practices at the 2020 Summer Olympics, Friday, July 23, 2021, in Tokyo, Japan. (AP Photo/John Minchillo)

By Noah Fleischman – The Washington Times – Monday, July 26, 2021

 競泳のサント・コンドレリ選手が東京オリンピックで泳ぐのはイタリア選手としてだが、日本生まれのサントは2016年の五輪ではカナダ選手として、その前には米国のジュニア代表チームに所属したこともある。

 米国フロリダ州ジャクソンビルに住んでいるサントは、五輪憲章の緩やかな表現のおかげで、出生国でない国の代表になれるのだ。彼の母親はカナダ人、父親はイタリア人の祖先を持っているので、サント選手はそれらの国旗の下で競技に参加できるのだ。

 五輪憲章第41項によれば、アスリートが特定国の旗の下で競技する資格は、その国の国民であることだ。ただし同一のアスリートが他の国から競技したければ、最後に母国の名で競技してから3年を経過してからでなければならない。

 自称、最も国際的な「国際水泳選手」であるサント選手だけではない。「YahooSpo」サイトによれば、2018年冬季五輪ではアスリートの約8%が、自らの出生国以外の国のために競技した。

 また「Business Insider」誌によると2018年冬季五輪では、出生国以外の国の名前で競技した選手の数が多かったのは、米国、カナダ、ロシアの3か国だった。また、その国で出生していない選手を多く含んでいたのは、韓国、カナダ、ドイツだった。さらに「アトランティック」誌によれば、2012年ロンドン五輪に参加したアゼルバイジャン選手団の半数は帰化した市民だった。

 今年の東京五輪では、ダボンテ・バーネット選手が父親の出身国ジャマイカの名の下で、陸上競技の4×400メートル混合リレーに出場する。米国マサチューセッツ州ニーダムで生まれたバーネット選手は、子供の頃にジャマイカに2年間住んでいた。

 フェアファックスのロビンソン中学校を卒業したキオマ・オニェクウェア選手は、ナイジェリアチームの一員として円盤投げに登場する。同選手は米国とナイジェリアの二重国籍を持っている。

 ちなみにオリンピックでは、紛争や迫害などの状況で母国を離れざるを得なかったアスリートが、五輪旗の下で競争できる「難民チーム」がある。このチームは2016年リオ五輪のときに10人のアスリートによって初めて編成された。東京五輪2020ではシリア、イラン、アフガニスタンを含む11か国の出身者、合計29名の選手団で構成されている。

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

ティックトックが銃入手を助長

(2024年04月20日)

「女性」は生物学的女性だけ アイダホで州法成立 全米で5番目

(2024年04月12日)

市民権申請書類の性別に「その他」を追加

(2024年04月05日)

バイデン政権、復活祭に「トランス認知」宣言 カトリック・共和が反発

(2024年04月03日)

LGBT・性転換支援に補助金 予算案通過で保守派反発

(2024年03月26日)
→その他のニュース