ハーランド内務長官、土地管理局長官指名めぐり責任を否定

(2021年8月7日)

Interior Secretary Deb Haaland, speaks during a news conference after Haaland's visit to talk about federal solutions to ease the effects of the drought at the offices of Denver Water Thursday, July 22, 2021, in Denver. (AP Photo/David Zalubowski)


 デブ・ハーランド内務長官は27日、土地管理局長官に指名されたトレイシー・ストーンマニング氏を積極的に擁護しなかった。

 2022年度予算に関する上院エネルギー天然資源委員会の公聴会で、ハーランド氏は、ストーンマニング氏の過激な過去に関する共和党の質問をはぐらかそうと、指名したのはバイデン大統領であって、自分ではないと強調した。

 ハーランド氏は「つまり、私は内務長官だが、ストーンマニング氏を指名したのは大統領。つまり、私が彼女を指名したわけではない。私は、大統領の優先事項に沿って内務省を切り盛りするためにここにいる。それがいま私が取り組んでいることだ」と語った。

 共和党委員らは、ストーンマニング氏が、1989年にアイダホ州のクリアウォーター国有林で起きた森林破壊計画に関与していたことや、昨年の山火事に関する発言について集中的に質問した。ハーランド氏の発言はそれに対する回答だった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)

「バイデンフレーション」Xマスの食卓直撃

(2021年12月22日)
→その他のニュース