なぜ、自然免疫力が議論されないのか

(2021年9月8日)


 ANALYSIS/OPINION:バイデン政権は、ワクチン接種戦略を追求しており、民間企業や公立大学に対して、勤務や通学ができるための前提条件として新型コロナウイルスワクチン接種を強制することを推奨しさえしている。  

 疾病管理予防センター(CDC)は、すでに感染した人も、接種を受けるべきだと主張している。  

 連邦政府は自然免疫力のことを真剣に考えていない。従って、その全員ワクチン接種戦略は、愚かで、見当違いで、最悪の場合、命取りとなる。  

 イスラエルから新たに発表されたデータは、新型コロナに感染したことのある人々の方が、ワクチン接種を一度も受けたことがない人々よりも、デルタ変異株に感染したり、症状が出たり、深刻な感染症で入院したりする可能性がはるかに低いことを示している。それは当然だ――自然免疫力は、ファイザーワクチンの2回分よりも強い防御力をデルタ株に対して持っているからだ。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

動きだした司法省の中国イニシアチブ

(2021年12月22日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

バイデン氏が見捨てた同胞

(2021年12月15日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)

コロナ関連給付が中国・ロシアに流出?下院共和党が調査を要求

(2021年12月10日)
→その他のニュース