国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月1日)

Texas Department of Public Safety Highway Patrol officers watch as migrants, many from Haiti, wade across the Rio Grande from Del Rio, Texas, to return to Ciudad Acuna, Mexico, Tuesday, Sept. 21, 2021, to avoid deportation from the U.S. (AP Photo/Fernando Llano)


 ユタ州アイアン郡は、国境とはほぼ無関係のところだ。

 しかし、ケネス・カーペンター保安官によれば、米国とメキシコの境界線の混乱はここにまで及んでいるという。今月、幹線道路での交通取り締まりで、保安官代理が無謀運転の運転手を捕らえ、5ポンド(約2.3㌔)のメタンフェタミンと8000㌦の現金を発見した事件もそのうちの一つだ。

 カーペンター氏によると、州政府は保安官に対し、ホンジュラスのギャングがワサッチ山脈沿いでの麻薬取引を強化していると警告しており、アイアン郡のSWATチームの出動件数も「かなり増えている」。

 カーペンター氏はワシントン・タイムズに、「国境が大きく開かれているため、コントロールができない。水門が開いてしまったので、より頻繁に見られるようになった。(麻薬の)パイプラインが急増し、フェンタニルの密売が急増し、犯罪行為が急増している」と語った。

 ワシントンでは、米国とメキシコの境界を越え、内陸部に入ってきているという指摘も出ている。つまり、すべての地域が国境地域のようになっているということだ。

 アイアン郡の経験は、それが事実であることを示唆している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)

米、リモートワーク拡大で都市脱出が加速

(2021年10月17日)

国境で解放された不法移民、8月に43万%以上増加

(2021年10月11日)

マルクス主義的な考え方を受け入れる米国民が増加

(2021年10月10日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)

トランスジェンダーから裸の検査を受けたイスラム教徒の受刑者が提訴

(2021年10月04日)

シカゴの銃声検知システムに批判

(2021年10月02日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)
→その他のニュース