米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

在北京米国大使館が主催する米国大統領選挙イベントで、ホテルの外に掲げられた米国と中国の国旗(AP Photo/Andy Wong)


 米空軍に新設された最高ソフトウエア責任者(CSO)に就任し、9月に抗議の辞職をしたニコラス・チェイラン氏が、サイバー、人工知能(AI)をめぐる中国との競争に米国はいずれ敗北すると警告している。

 チェイラン氏は、「米国はこのままでは(サイバー、AIで中国との)戦いに負ける。目を覚ます必要がある」とAI開発で政府の対応が遅いことに警鐘を鳴らした。

 また、ハイテク企業は、政府との協力を回避する傾向があるが、それは中国にとって利益になることであり、米国のハイテク業界は中国から知らず知らずのうちに影響を受けていると主張。「問題は、IT企業の多くが米軍をないがしろにしていることだ。中国との取引には何の抵抗も感じていない」と訴えた。

 チェイラン氏の抗議の辞職を受けて、共和党のラウンズ上院議員は今月に入って軍事委員会で「新技術への投資が不足していることへの懸念といら立ちが高まっている」と指摘、「あらゆる領域で高まる世界的脅威の中で競争するために必要な能力のある人材の採用、訓練」の必要性を訴えた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)

米共和党は民主党を「社会主義者」と非難せよとギングリッチ元下院議長

(2021年09月19日)
→その他のニュース