米、リモートワーク拡大で都市脱出が加速

(2021年10月17日)

2021年9月2日(木)、カリフォルニア州ウォルナットクリークの自宅でリモートワークをしているケリー・ソダーランドさん(Kelly Soderlund via AP)


 新型コロナウイルスの大流行を受けて、ニューヨーク大都市圏に住むジャック・カルカットさんは上司からリモートワークを認められた。一時的な措置のつもりで家族と共にカンザス州トペカに引っ越したが、ニューヨークに戻ることはないようだ。  

 金融データ企業、ファクトセットのセールスマネジャー、カルカットさんは、「昨年の夏の終わりか秋の初めあたりに家を買った。技術の点から見れば、世界がコロナ前に戻ることはないことがはっきりした。長期間、恒久的にリモートで仕事ができる」と述べた。  

 カルカットさんらは、コロナ禍の中で大都市から地方の小都市へ移住したが、国勢調査によると、過去10年間で国内10大都市の人口は増加した。ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、ヒューストンの人口は200万人を超え、10大都市はすべて100万人を超える。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


人種カード効かず無罪評決

(2021年12月01日)

米カリフォルニア州で集団万引きが多発、罰則軽減が要因か

(2021年11月29日)

主流派プロテスタント教会の牧師の半数が退職を検討

(2021年11月21日)

「私人」が国境を維持する

(2021年11月16日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

本紙独占:120万人の不法移民が国境監視網を抜けた可能性あり-国境警備隊関係者

(2021年11月07日)

「パーフェクトストーム」:ラウドン郡は「ウォウク主義」と闘え-ペンス前副大統領

(2021年11月05日)

黒人有権者は「警察予算打ち切り」要求を拒否

(2021年11月01日)

学校のハロウィーン行事が「文化戦争」の最前線に

(2021年10月25日)

本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)
→その他のニュース