学校のハロウィーン行事が「文化戦争」の最前線に

(2021年10月25日)

2021年10月7日(木)、S.D.州ガレットソンにある家の玄関ポーチには、ハロウィン用のカボチャがディスプレイされている(AP Photo/David Zalubowski)


 米国の一部の小学校でハロウィーンを祝う行事が中止になっている。一部の活動家や学校当局者が、このお化けのホリデーは貧しい子供たちやマイノリティー家庭、「疎外」されているカルチャーに対し不平等をもたらしていると主張しているためだ。  

 ミシガン州の校長たちは、ハロウィーンの怪物や仮面は一部の子供たちを「怖がらせる」として、行事の中止を決定した。  

 こうした動きに対し、ハロウィーンが現在繰り広げられている文化戦争の最前線になってしまった、との批判が出ている。  

 「家庭や米国の価値観、人々に喜びをもたらすあらゆるものに対する戦争だ」。非営利教育団体「米国を支持する母親たち」の設立者、キンバリー・フレッチャー氏はこう主張した。  

 フレッチャー氏は、ワシントン・タイムズ紙の取材に「これは人々に不幸な思いをさせるためならできることを何でもする政府当局者による不幸運動だ」と指摘した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


人種カード効かず無罪評決

(2021年12月01日)

米カリフォルニア州で集団万引きが多発、罰則軽減が要因か

(2021年11月29日)

主流派プロテスタント教会の牧師の半数が退職を検討

(2021年11月21日)

「私人」が国境を維持する

(2021年11月16日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

本紙独占:120万人の不法移民が国境監視網を抜けた可能性あり-国境警備隊関係者

(2021年11月07日)

「パーフェクトストーム」:ラウドン郡は「ウォウク主義」と闘え-ペンス前副大統領

(2021年11月05日)

黒人有権者は「警察予算打ち切り」要求を拒否

(2021年11月01日)

本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)
→その他のニュース