米国民はワクチン義務化より警官の職務遂行を重視

(2021年12月12日)

2021年12月7日(火)、ジョー・バイデン大統領の「Build Back Better」アジェンダの可決を議会に求めながら、ラッシュアワーのペンシルバニア通りを封鎖しているデモ隊に、警視庁の警官が黄色いテープを張り巡らせている。(AP Photo/Jose Luis Magana)


 有権者は新型コロナウイルスワクチンの接種を拒否する警官がクビになることを望んでいない――。ワシントン・タイムズ紙が実施した世論調査で、米国民は治安問題を深刻な政策課題と捉えていることが分かった。

 暴力犯罪が増加する中で、警官にワクチン接種を義務付ければ、警察は経験豊富な警官の確保に苦慮することになると、有権者の59%が回答。同意しなかったのは31%にとどまった。民主党支持者はワクチン義務化に肯定的だが、無党派層や共和党支持者は猛反対している。

 この世論調査は11月19日~12月3日に「オンメッセージ」社によって実施され、登録済み有権者4000人以上に焦点となっている問題を幅広く尋ねたところ、驚くべき分野でコンセンサスがあることが分かった。

 約80%がインフレ高進とサプライチェーン問題を「危機」と捉えていた。この認識は党派を超えている。

 南部国境で前例のない不法移民の流入が起きていることについても、有権者の約70%が「危機」と回答した。この認識も党派を超えている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース