トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年1月23日)

2016年12月27日(火)の写真では、カンザス大学図書館の「You Belong Here」キャンペーンの一部を宣伝するボタンがカンザス州ローレンスに展示されている。(Sara Shepherd /The Lawrence Journal-World via AP)


 米ペンシルベニア大学のトランスジェンダー競泳選手、リア・トーマス選手には、女子スポーツ界で多くのアドバンテージがあるとの懸念が出ているが、その一つが代名詞である。

 トーマス選手のように男性から女性に変わったトランスジェンダーの人々を「she」「her」と呼ぶことは、一般的な礼儀の問題からほぼ普遍的な期待へと変わり、反対する人々に社会的、政治的、法的な影響をもたらしている。

 ジェンダー・アイデンティティー(性自認)戦争の第一線にいる人々は、これに反発している。

 「これは単なる代名詞の問題ではない。イデオロギーの問題だ」。こう語るのは、(保守系法曹団体の)自由防衛同盟で上級弁護士兼学問の自由センター長を務めるタイソン・ラングホーファー氏だ。「これは社会としてわれわれに関わることだ。生物学的な現実や、それに伴うさまざまな法律、公共政策について議論し続けることができるのか、ということだ」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)
→その他のニュース