クルーズ上院議員、バイデン氏の最高裁判事候補の個人攻撃はしない

(2022年2月24日)

2022年2月9日(水)、ワシントンの国会議事堂で犯罪について記者団に話すテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)と同僚の共和党議員たち。(AP写真/J. Scott Applewhite)

By Ryan Lovelace – The Washington Times – Sunday, February 20, 2022

 共和党のテッド・クルーズ上院議員(テキサス州)は20日、バイデン大統領が間もなく指名する最高裁判事候補に対して、2018年のブレット・カバノー判事承認時のような個人攻撃が行われることはないとの見方を示した。

 クルーズ氏は、上院司法委員会の委員らが、引退するスティーブン・ブライヤー判事の後任を「精力的に」審査すると述べたが、焦点は候補者の経歴に当てられると強調した。

 クルーズ氏はFOXニュース・サンデーで、「民主党がブレット・カバノー氏にしたようなことはしない。あのようなひどいことはしない。個人的な中傷や攻撃はしない。候補者の経歴、どのような人物で、どのような判事になるかに焦点を当てる」と述べた。

 カバノー判事は、ドナルド・トランプ前大統領による指名後、複数の性犯罪の疑惑に直面し、上院での指名承認公聴会でその主張が公にされた。

 告発者の中には、クリスティン・ブラッシー・フォード氏がおり、2人が高校生の時に彼が彼女を暴行したと主張していた。カバノー判事はこれを否定した。

 トランプ政権時代の最高裁判事候補は、険しい道のりを経験した。トランプ氏が最初に指名したニール・ゴーサッチ判事は、2017年に最高裁判事承認で初の党派的フィリバスター(議事妨害)に直面した。共和党はこれに、フィリバスターを撤廃することで対抗した。

 トランプ氏の3人目の最高裁判事候補、エイミー・コニー・バレット判事の家族は、彼女の2020年の承認プロセスで厳しい調査を受けた。

 作家のイブラム・X・ケンディ氏らオブザーバーは、バレット氏ら養父母が人種差別主義者かどうかを判断する上で、養子の肌の色を問題視したのである。バレット判事はその後、上院の公聴会でハイチからの養子を含む自分の子供たちを擁護した。

 バイデン氏は黒人女性を最高裁判事に指名すると公言し、候補者を検討しているため、人種問題は次の最高裁判事指名の際、前面に出てくるものと思われている。

 クルーズ氏は20日、FOXニュース・サンデーで、バイデン氏の選出方法は人種差別的だと考えていると述べた。

 「FOXニュースが、『FOXニュース・サンデーの新しい司会者を探しているが、アフリカ系アメリカ人女性かヒスパニック系男性かネイティブアメリカンの女性しか採用しない』という求人広告を出したら、それは違法だろう。ジョー・バイデン氏がやったようなことは他の誰にもできないし、それには理由がある。人種差別は間違っているからだ」

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

米国は子供の性転換に寛容、欧州は再びセラピー重視

(2023年01月22日)

システム不具合で飛行停止、バイデン氏は運輸長官への信頼強調

(2023年01月20日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

新AIソフトに教師ら苦慮 論文を自動作成、不正利用も

(2023年01月15日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

FBI、情報機関使い一般市民を捜査

(2023年01月14日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)
→その他のニュース