クルーズ上院議員、バイデン氏の最高裁判事候補の個人攻撃はしない

(2022年2月24日)

2022年2月9日(水)、ワシントンの国会議事堂で犯罪について記者団に話すテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)と同僚の共和党議員たち。(AP写真/J. Scott Applewhite)


 共和党のテッド・クルーズ上院議員(テキサス州)は20日、バイデン大統領が間もなく指名する最高裁判事候補に対して、2018年のブレット・カバノー判事承認時のような個人攻撃が行われることはないとの見方を示した。

 クルーズ氏は、上院司法委員会の委員らが、引退するスティーブン・ブライヤー判事の後任を「精力的に」審査すると述べたが、焦点は候補者の経歴に当てられると強調した。

 クルーズ氏はFOXニュース・サンデーで、「民主党がブレット・カバノー氏にしたようなことはしない。あのようなひどいことはしない。個人的な中傷や攻撃はしない。候補者の経歴、どのような人物で、どのような判事になるかに焦点を当てる」と述べた。

 カバノー判事は、ドナルド・トランプ前大統領による指名後、複数の性犯罪の疑惑に直面し、上院での指名承認公聴会でその主張が公にされた。

 告発者の中には、クリスティン・ブラッシー・フォード氏がおり、2人が高校生の時に彼が彼女を暴行したと主張していた。カバノー判事はこれを否定した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)
→その他のニュース