バイデン大統領の一般教書演説に配慮し、連邦議事堂がフェンスで閉ざされる

(2022年3月1日)

2021年4月2日、ワシントンのキャピトル・ヒルのセキュリティ・フェンスの向こうに見える米国連邦議会議事堂。(AP写真/Carolyn Kaster)

By Peter Santo – The Washington Times – Monday, February 21, 2022

 フォックス・ニュースによると、当局はバイデン大統領の最初の一般教書演説に先立ち、米議会議事堂周辺でフェンスを再び設置するする計画だという。

 米連邦議事堂警察(USCP)は、マスクとワクチンの義務化に抗議するためワシントン市に向かうトラック運転手の準備をしていると、フォックスが報じた。

 トラック運転手は、何週間も道路を封鎖し、デモを行ってきたカナダのいわゆる「フリーダム船団」を模倣することを目指している。抗議者たちは自らを「人民の船団」と名乗り、23日にカリフォルニア州バーストーを出発する予定だ。

 グループの責任者であるモーリーン・スティール氏は、「カナダのフリーダム船団の活動はかなり組織化されていた」とニューズウィークに語った。「われわれの場合、1ヶ月の告知期間があったので、破壊的なグループが入ってくることを懸念している。こうした反対派に備え、そのための安全対策を講じようとしている」

 同氏はフェイスブックに「マスクやワクチンの義務化には曖昧さがあり、われわれは専制政治が何らかの形で増大することを予想している。われわれの敬愛されているトラック運転手たちは、この国が繁栄するために必要な変化をもたらすことができる男女の勇敢なグループであり、支持を必要としている」と投稿した。

 米国におけるマスク着用とワクチン接種の義務の緩和は何の影響ももたらしていないようだ。

 USCPは声明で「USCPは、他のデモと同様に合法的な修正第1条の活動を手助けする。USCPは、ワシントン市の警視庁、米公園警察、米シークレットサービス、ワシントン市の国家警備隊を含む地元、州、連邦の法執行機関と緊密に協力する」と述べた。

 報道にもかかわらず、USCPは、フェンスに関する最終決定は行われていないと述べる。

 「米連邦議事堂警察と米シークレットサービスは、来る一般教書演説の計画を策定するために緊密に協力してきた。一時的なフェンスの設置は、現在進行中の議論の一部であり、選択肢に入っているが、現時点で決定は行われていない」とUSCPは述べた。

環境団体と政策当局者が、ガス器具・装置の廃止を内々に画策

(2023年01月31日)

米国は子供の性転換に寛容、欧州は再びセラピー重視

(2023年01月22日)

システム不具合で飛行停止、バイデン氏は運輸長官への信頼強調

(2023年01月20日)

新AIソフトに教師ら苦慮 論文を自動作成、不正利用も

(2023年01月15日)

FBI、情報機関使い一般市民を捜査

(2023年01月14日)

米軍に押し付けるリベラル政策への攻撃を準備する共和党

(2023年01月03日)

米で広がるドラッグイベントへの抗議、子供の入場禁止も

(2022年12月25日)

新型コロナ制限措置は10代の女子に精神的負担もたらす

(2022年12月18日)

ロー判決の破棄後、教会への攻撃が激増

(2022年12月17日)

結婚尊重法の調印後、虹色に照明されたホワイトハウス

(2022年12月17日)
→その他のニュース