バイデン大統領の一般教書演説に配慮し、連邦議事堂がフェンスで閉ざされる

(2022年3月1日)

2021年4月2日、ワシントンのキャピトル・ヒルのセキュリティ・フェンスの向こうに見える米国連邦議会議事堂。(AP写真/Carolyn Kaster)


 フォックス・ニュースによると、当局はバイデン大統領の最初の一般教書演説に先立ち、米議会議事堂周辺でフェンスを再び設置するする計画だという。

 米連邦議事堂警察(USCP)は、マスクとワクチンの義務化に抗議するためワシントン市に向かうトラック運転手の準備をしていると、フォックスが報じた。

 トラック運転手は、何週間も道路を封鎖し、デモを行ってきたカナダのいわゆる「フリーダム船団」を模倣することを目指している。抗議者たちは自らを「人民の船団」と名乗り、23日にカリフォルニア州バーストーを出発する予定だ。

 グループの責任者であるモーリーン・スティール氏は、「カナダのフリーダム船団の活動はかなり組織化されていた」とニューズウィークに語った。「われわれの場合、1ヶ月の告知期間があったので、破壊的なグループが入ってくることを懸念している。こうした反対派に備え、そのための安全対策を講じようとしている」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)
→その他のニュース