米国のロシア原油依存度が過去最高

(2022年3月5日)

2021年8月26日、ノースカロライナ州ワットフォードシティで、油田で天然ガスを燃やすフレア(AP Photo/Matthew Brown, File)。


 バイデン大統領は1日、ロシアのプーチン大統領がエネルギーを生かした影響力に対策を講じ、戦略石油備蓄を放出したが、一方でロシアからの石油輸入は過去最高を記録し、政権の国内化石燃料への規制に対する不満も高まっている。

 エネルギー情報局(EIA)が2月28日に発表した2021年の速報値によると、米国は昨年、ロシアの原油と石油製品を2億4500万バレル輸入し、前年比約24%急増した。

 米商業会議所のマーティン・ダービン上級副会長(政策担当)は声明で、「これは1日当たり約67万2000バレルに相当し、過去最高で、わずか4年前と比べて79%増となる」と述べた。

 ロシアのエネルギーへの依存度が高まっていることから、国内の原油・ガス生産に対する規制を緩め、まずは連邦政府管理地のリース制限を解除し、「キーストーンXL」パイプラインの中止を撤回するようバイデン氏に求める声が強まっている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

バイデン政権、米国内のエネルギー採掘再開で左右から激しい批判

(2022年04月23日)

気候変動補佐官が辞任か ホワイトハウスは否定

(2022年04月22日)

バイデン政権の気候変動に対するカルト的対応

(2022年04月14日)

イラン核協議とIRGCのテロ指定解除めぐりバイデン政権に圧力

(2022年04月02日)

バイデン氏、ウクライナ侵攻は民主と独裁の戦い

(2022年04月01日)

バイデン氏は若者の支持喪失 民主党議員が警告

(2022年03月31日)

バイデン政権に天然ガス増産圧力

(2022年03月31日)

ガス価格高騰で、ロシアや石油会社よりバイデン大統領を批判:世論調査

(2022年03月29日)

民主党、国防生産法によるガソリン価格抑制を要求

(2022年03月25日)
→その他のニュース