生きた囚人から臓器摘出、医学論文で新たな証拠-中国

(2022年6月4日)

2011年9月13日のファイル写真で、コロンビア大学医療センター移植サービスの外科医が、ニューヨーク・プレスビテリアン病院で肝臓移植を行う際にモニターを見る。(Keelin Daly/Hearst Connecticut Media via AP, File)


 中国で、移植のために生きた死刑囚から臓器が摘出されていることを示す、新たな証拠が研究者らによって明らかにされた。

 学会誌「米移植ジャーナル」に掲載された論文「臓器調達による処刑-中国でデッド・ドナー・ルールに抵触」によると、中国の医師らは医療倫理の根底にある価値観を無視し、生きた囚人から心臓と肺を摘出し、死刑を執行しているという。

 死亡が確認されていない患者からこれらの生死にかかわる臓器を摘出することは、摘出前に患者の死亡が宣告されていることを求めた倫理規則「デッド・ドナー・ルール」に抵触する。

 論文は、臓器移植に関する中国語の文献12万4770本を基に作成された2838本の論文を分析した。「これらの論文の71本で、脳死が適切に宣言されていない可能性を示す証拠」が見つかったと指摘、「中国の医師が、臓器摘出によって死刑執行にかかわった可能性が非常に高い」と結論付けている。

 また、臓器摘出には「死刑執行人と移植チームの間の密接な協力が必要」となり、「移植チームが深くかかわり過ぎると、医師らが死刑執行人となる危険性がある」と指摘している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米議会、新型核ミサイルの開発承認

(2022年06月29日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

中国が弾道ミサイル迎撃実験、米国はASAT実験を禁止

(2022年06月23日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

中国軍トップ、急激な核増強は「適切」と主張

(2022年06月21日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)
→その他のニュース