中国軍パイロットに飛行訓練 海軍元パイロット起訴

(2022年12月20日)

2010年4月13日、中国天津市陽村の空軍第24師団基地で、中国人民解放軍空軍のJ-10戦闘機「八一曲技飛行隊」が着陸時にタクシーバックし、空軍職員が見張りをしている。米国、英国、イスラエルを含む北京の大使館から約51名の軍事アタッチメントとともに、メディアは第24航空師団のパイロット4名による中国国産戦闘機J-10の15分間のデモンストレーションを目撃した。(AP写真/Alexander F. Yuan)

By Bill Gertz – The Washington Times – Thursday, December 15, 2022

 米海兵隊、海軍の元パイロット、ダニエル・ダガン被告が、中国軍パイロットに空母艦載機の飛行訓練を行っていたとして起訴されていたことが明らかになった。ダガン被告は10月にオーストラリアで逮捕されており、違法な活動の詳細が明らかにされるのは初めて。

 9日に公表された起訴状によると、ダガン被告は、中国、南アフリカなどで「中国軍パイロットに空母へのアプローチ、着艦の訓練」を行った。2010年10月、12年の3月と11月に中国軍パイロットに訓練を施しており、ちょうど、中国初の空母「遼寧」の配備時期と重なる。

 また、米海軍で使用された艦上ジェット練習機T2バックアイを、南アフリカ企業への売却を偽装して、中国に引き渡していたことも明らかになっている。

 外洋進出能力を強化する中国軍は、遼寧に続いて2隻目の空母「山東」を就役させ、3隻目の空母「福建」が8月に進水した。福建は、満載排水量8万㌧超の大型空母で、最新の電磁カタパルトを備える。米海軍は11隻の空母を保有しているが、電磁カタパルトを備えるのは最新の原子力空母「ジェラルド・フォード」のみだ。

 起訴状によると、中国の瀋陽では、地上に設置した模擬空母で、着艦を誘導する着艦信号士官(LSO)の訓練も施している。

 米太平洋艦隊情報部長を務めたジム・ファネル元海軍大佐は、「ダガン氏が中国軍に施した訓練の内容は、米海軍が100年以上にわたって命懸けで獲得してきたもの」と指摘、LSOの訓練については、「(パイロットの)生死、空母の任務の成否」に関わってくるものであり、艦載機パイロットの「すべての訓練の中で最も重要」と強調した。「ダガン被告がしたことは、中国海軍の強力な航空戦力構築のタイムラインを早める」と警告した。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国は米技術を基に核戦力増強 窃取、開発協力で情報入手

(2023年01月17日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

中国のミサイルに備えパラオに新レーダー、グアム防衛強化へ

(2023年01月11日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

NASA長官、中国の月開発警戒

(2023年01月07日)
→その他のニュース