軍基地付近の土地を中国人が購入 安全保障への脅威指摘

(2024年6月26日)

2015年9月22日、カリフォルニア州オーシャンサイドにある海兵隊キャンプ・ペンドルトン基地の入り口。2023年6月28日、軍警察が基地内で14歳の少女を発見した後、キャンプ・ペンドルトンの海兵隊員が尋問のために拘留された。サンディエゴに住む少女の祖母が6月13日に行方不明届を出した。(AP Photo/Gregory Bull, File)

By Staff – The Washington Times – Thursday, June 20, 2024

 中国企業が米軍基地周辺の土地を買い取っていることから、スパイ活動や破壊活動など国家安全保障への重大な脅威となる可能性があり、懸念されている。

 中国企業がフロリダ州からハワイ州まで米国内の19カ所の軍事施設付近の土地を買い取っていることが、ニューヨーク・ポスト紙の報道で明らかになった。

 これらの軍事施設には、ノースカロライナ州のフォート・リバティー、テキサス州のフォート・カバゾス、カリフォルニア州のペンドルトン海兵隊ベースキャンプなど戦略的に重要な基地が含まれる。

 ロバート・スポルディング退役陸軍准将がニューヨーク・ポストに、「中国人が米国の土地購入を止められる法律がない。警戒すべきだ」と注意を呼び掛けた。

 これらの取得された土地は、軍事基地に近く、中国人の土地所有者が、農業を営む振りをして、基地に対する監視活動を行うことが可能になる。

 偵察拠点を構築したり、追跡装置を設置、レーダー、赤外線機器を使って軍の活動を監視することが可能になり、ドローンを使って情報収集することもできるようになる。

 理論的に可能というだけにとどまらない。

 ウォール・ストリート・ジャーナル紙が2023年9月に報じたところによると、この数年間で中国人が100回以上にわたって米軍事施設に侵入しようとした。ニューメキシコ州のミサイル射爆場に無断で侵入したり、フロリダ州にある政府のロケット発射場付近でダイバーが発見されるという事例もあった。

 連邦捜査局(FBI)は中国による活動を「深刻な脅威」と呼び、レイ長官は4月、中国人ハッカーが米国の重要インフラに侵入したと指摘、すぐにでも重大な被害をもたらすことが可能な状態だと警告した。

 またレイ氏は、これらの脅威が米国領に「大混乱」をもたらし得ると警鐘を鳴らした。

下院、トランプ氏暗殺未遂調査でタスクフォース設置へ

(2024年07月23日)

自国の歴史と政治知らない学生―調査

(2024年07月17日)

生徒の性自認を親に知らせず 保守系16州が最高裁に審理要請

(2024年07月10日)

最高裁は大統領による政敵暗殺をOKしたのか

(2024年07月09日)

反ユダヤ主義への懸念高まる―米ギャラップ

(2024年07月05日)

中国、麻薬カルテルの資金洗浄に関与 薬物で米国の破壊狙う

(2024年07月01日)

EV所有者のほぼ半数、ガソリン車に戻りたい―調査

(2024年06月27日)

犯罪が「歴史的減少」 FBI報告書に疑問

(2024年06月25日)

カンザス州、ファイザーを提訴 コロナワクチンで副作用を隠蔽か

(2024年06月20日)

翻弄される女子スポーツ 高校陸上でトランス選手の優勝相次ぐ

(2024年06月18日)
→その他のニュース