生徒の性自認を親に知らせず 保守系16州が最高裁に審理要請

(2024年7月10日)

2024年4月29日(月)、ソルトレイクシティで開催されたトランスジェンダーとノンバイナリーの生徒と職員を支援するブロックパーティに集まったボンネビル小学校の保護者と生徒たち。ユタ州は、共和党が支配する議会で可決された法律が施行されれば、公立学校や政府所有の建物における学校のトイレや更衣室でのトランスジェンダー禁止を実施する最新の州となる。(AP Photo/Rick Bowmer)

By Alex Swoyer – The Washington Times – Monday, July 8, 2024

 共和党主導の州で、在学中の子供の性的指向(名前や代名詞の変更も含む)を保護者に伝えることを禁じる学校の方針をめぐる論争を最高裁が審理するよう求める動きが出ている。

 バージニア州のジェイソン・ミヤレス司法長官は、共和党が主導する他の15州を代表し、ウィスコンシン州オークレアにあるオークレア地域学区対「子供を守る親」の裁判を取り上げるよう最高裁に要請した。

 第7巡回控訴裁判所は、ウィスコンシン州の学校の方針をめぐる両親の訴えを棄却した。どの親も、この方針によって直接、損害を受けたことを示すことができなかったことがその理由だ。

 しかしこれらの州当局は、学校が親の権利を侵害することは損害に当たるとして、この訴えを取り上げるよう最高裁に訴えた。

 州当局が作成した準備書面は、「親は、『子供の世話、監督、管理に関する決定を下す』権利に深く、継続的にかかわっている。学校関係者がその権利を侵害すれば、親は損害を受ける」としている。

 バージニア州と連携している他の州は、ウェストバージニア、サウスダコタ、ユタ、テキサス、オクラホマ、ノースダコタ、サウスカロライナ、モンタナ、ネブラスカ、ルイジアナ、ミズーリ、ジョージア、アイダホ、アラスカ、フロリダの各州。

 各州の準備書面は「学区が未成年の生徒に対し、親に秘密を持ち、学校との二重生活を隠すことに問題はないと伝え、そればかりか助長するようなことを告げれば、親子関係は直接的に害される。子供を育てる責任と権利は、学校当局ではなく、親にある」としている。

 この裁判は、2021年にオークレア地区学区が、保護者の同意なしに生徒の性自認を変更することを認める方針を実行したことを受けて、提訴されたもので、法廷文書には、「(この方針を実行することは)生徒が、名前、代名詞、どちらのロッカールームとトイレを使えるかを、親に知らせることなく変更できることを意味する」としている。

 ミヤレス氏は、生徒の幸福のためには、学校が親と対立するのではなく、親と協力することが不可欠だと述べた。

 「親には、子供の人生に影響を与える重大な決定に関与する権利がある。この訴訟は連邦最高裁に、この問題について明確な判断下す機会を提供するものであり、政府関係者が自分たちの方が親よりよく分かっていると思っただけで親の基本的権利を覆すことはできないということを再確認する機会を提供するものだ」

 10月に始まる次の会期に口頭弁論が実施されるには、4人の判事がこの裁判の審理に賛成する必要がある。

 学区の広報担当者にコメントを求めたが、すぐに返答は得られなかった。

下院、トランプ氏暗殺未遂調査でタスクフォース設置へ

(2024年07月23日)

自国の歴史と政治知らない学生―調査

(2024年07月17日)

最高裁は大統領による政敵暗殺をOKしたのか

(2024年07月09日)

反ユダヤ主義への懸念高まる―米ギャラップ

(2024年07月05日)

中国、麻薬カルテルの資金洗浄に関与 薬物で米国の破壊狙う

(2024年07月01日)

子供の性別適合治療に関する州法 最高裁が審理へ

(2024年06月30日)

EV所有者のほぼ半数、ガソリン車に戻りたい―調査

(2024年06月27日)

軍基地付近の土地を中国人が購入 安全保障への脅威指摘

(2024年06月26日)

犯罪が「歴史的減少」 FBI報告書に疑問

(2024年06月25日)

カンザス州、ファイザーを提訴 コロナワクチンで副作用を隠蔽か

(2024年06月20日)
→その他のニュース