202104


ハリス氏、移民急増は「一夜では解決しない」
 カマラ・ハリス副大統領は25日、支援と外交を組み合わせることが移民急増の抑制につながるとの見方を明らかにしたが、短時間で効果を上げることは難しいとし、中米諸国からの米南部国境への人の流れは、「一夜では止められない」と述べた。
 バイデン大統領は、政権にとって初めての目に見える形での困難な課題となった移民急増への対処をハリス氏に任せた。→続き
バイデン大統領、アルメニア人に対する過去の大量虐殺を認識、トルコ政府による怒りは必至
 バイデン米大統領は、第一次世界大戦中のアルメニア人の殺害をジェノサイド(民族大量虐殺)と呼んだが、これは、北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコを怒らせる前例のない認定だ。
 バイデン氏は、アルメニア追悼記念日の声明で「米国人は、106年前の今日始まったジェノサイドで亡くなったすべてのアルメニア人を敬う」と述べた。→続き
中国、何百人もの米科学者に不正に圧力
 米連邦政府の資金提供を受けていた科学者500人以上が、中国などから不正に圧力を受けていたとして調査を受けていることを、国立衛生研究所(NIH)が22日、明らかにした。
 NIH当局者は上院委員会で、中国が米国人研究者を買収し、生物医学の発展への貢献が期待できる知的財産を盗み出そうしているとして、現状の把握に取り組んでいると指摘した。→続き
バイデン大統領、初の外遊で英・ベルギー訪問へ
 バイデン大統領は6月に最初の海外訪問を行い、英国とベルギーを訪れる。
 ホワイトハウスが23日に発表したところによると、訪問の主要目的は、「同盟を復活させ、欧米間の関係を再活性化させ、同盟国とパートナー国と密接に協力して、世界的な課題に対処し、米国の国益を守る」ことにある。→続き
「存続にかかわる」脅威ではない:政権と情報機関で気候変動への認識に差
 米政府の情報分析官らは、バイデン大統領・政権が気候変動の脅威を強く主張していることに反発、地球温暖化からの「直接」「間接」の危険というあいまいな表現を使っている。
 バイデン氏は20日、約40カ国の指導者らとオンラインで会議を開催し、21日には気候変動に焦点を絞って話し合う。→続き
対バイデン政権、共和党全国委員会3月・1780万ドルの寄付額を報告
 共和党全国委員会(RNC)は19日、先月1800万㌦近くの資金を調達し、主要な選挙がない年の3月では最高額を記録し、第一四半期の献金額は4400万㌦となったと述べた。
 この発表は、トランプ前大統領の任期が最終的に上院選の敗北、選挙が盗まれたとの主張、国を震撼させ共和党の亀裂を露呈した1月6日の米連邦議会議事堂の襲撃事件で終わった後、共和党が支援者の好意を失ったという懸念を和らげることになった。→続き
ウォークな企業と戦う保守派「政治にかかわるな」
 保守派と財界は味方同士だったが、左派の権利擁護団体の影響を受けたウォーク(社会的、政治的問題に敏感)な企業が台頭してきたことで、右派は反発を強め、企業に、社会的・政治的活動に積極的に取り組むアクティビズム(積極行動主義)をやめさせるために意欲的に行動するようになった。
 ジョージア州の新選挙法に企業が反旗を翻したことがさらに拍車をかけ、トランプ前大統領、ランド・ポール上院議員ら有力共和党員らはこれら企業へのボイコットを呼び掛け、保守派がCEOらに文化的、政治的扇動を辞めさせる活動を開始した。→続き