政治


不人気なバイデン大統領を、「日程」理由で避けたがる民主党候補たち

(2022年8月5日)
 バイデン大統領から距離を置こうとする民主党議員の数が膨れ上がっている。
 インフレ率が41年ぶりの高水準で、経済が不況に揺れ動く中、バイデン大統領は7月中旬にオハイオ州を訪れたときのような事態に多く遭遇しそうだ。オハイオでは民主党の上院議員候補ティム・ライアン下院議員が、大統領に同行しなかったのだ。 →続き

極左民主党、ペロシ氏の警察予算計画をつぶす

(2022年8月3日)
 下院民主党で内紛が起き、党内の極左と黒人の議員が警察への資金提供を渋ったため、26日、銃規制と警察予算に関する法案を可決する計画は頓挫した。
 ナンシー・ペロシ下院議長のチームは、警察予算を軍で使用される「アサルトライフル」の禁止と結びつけ、銃製造業者の賠償責任保険をなくすことで民主党議員連盟を団結させることを狙っていた。 →続き

バイデン氏の再出馬支持が急落-ニューハンプシャー州

(2022年8月2日)
 ニューハンプシャー州での有権者でバイデン大統領の再選を望んでいるのは、わずか5人に1人にすぎず、民主党の模擬予備選挙では、2024年大統領選でバイデン氏とピート・ブティジェッジ運輸長官が並ぶ可能性が高いことが、新しい世論調査で明らかになった。
 26日に発表されたニューハンプシャー大学の世論調査では、バイデン氏の再出馬に対する支持は、彼の所属する政党の支持層の間で急速に低下していることが分かった。民主党員の31%だけが再出馬を望んでおり、6月の54%、7月の74%から低下している。 →続き

マンチン議員、増税・気候変動関連の民主党歳出案支持に転換

(2022年7月30日)
 民主党の上院議員ジョー・マンチン3世は水曜日、同党のチャールズ・E・シューマー院内総務との間で、税の引き上げや、気候変動・保健関連支出についての同党路線に合意したと発表した。
 両者の会談は数週間前に頓挫したと見られていた。マンチン上院議員はウェストバージニアという、石炭・天然ガスを産出する州を代表しており、数ヶ月におよぶ話し合いの後も、インフレ懸念の高まりから、民主党案の気候・エネルギー関連内容を支持できないと繰り返してきたからだ。 →続き

バイデン大統領、民主党候補を危険にさらす

(2022年7月29日)
 州議会と州全域の公職へ共和党員を募集し、訓練し、選出する「共和党州指導部委員会(RSLC)」は数日前、4州から得たいくつかの注目すべき調査結果を発表した。
 その4州――メーン州、ネバダ州、オレゴン州、ワシントン州――には一つの共通点がある。現在、民主党の知事に統治され、民主党が州議会の両院で過半数を得ているということだ。 →続き

ペンス前副大統領、議事堂で共和党同僚に歓迎受ける

(2022年7月24日)
 マイク・ペンス前副大統領は水曜日、合衆国議会で共和党の同僚議員から温かい歓迎を受け、2020年の選挙結果を認証する、という憲法上の責務を果たしたことを称賛された。
 一方で、お隣りのメリーランド州で火曜日の夜、有権者たちが同州下院のダン・コックス議員を共和党知事候補に指名した場面は違ったものだった。コックス議員はドナルド・トランプ前大統領の全面的な支持を得ており、2020年の選挙結果を受け入れず、1月6日にはペンス氏を「裏切り者」と罵った。 →続き

独占インタビュー:コンウェイ氏、2020年選挙戦の「大失敗」はクシュナー氏のせい

(2022年7月17日)
 トランプ前政権の上級顧問だったケリーアン・コンウェイ氏はワシントン・タイムズ紙に、2024年大統領選への立候補と新たに発足する可能性のあるトランプ政権に、義理の息子ジャレド・クシュナー氏をかかわらせてはならないと語った。
 2016年に成功したドナルド・トランプ前大統領の大統領選挙キャンペーンを取り仕切ったコンウェイ女史は、クシュナー氏が前大統領の親族という立場から数十億ドルのビジネスベンチャーを手にしながら、2020年の選挙敗北の責任から「手を切ろう」としていると指摘した。 →続き