中国が衛星破壊兵器打ち上げか 宇宙ゴミ除去と主張

(2021年10月28日)

キャリアロケット「長征2F」に搭載された有人宇宙船「神舟13号」は、2021年10月16日、中国北西部のゴビ砂漠にある「九泉衛星発射センター」から打ち上げられた。(Chinatopix Via AP)


 中国は、宇宙を新たな主戦場として、衛星破壊兵器(ASAT)など宇宙兵器の開発を進めている。「宇宙デブリ(ごみ)」除去のためとして新たな人工衛星を打ち上げたが、専門家らは、敵対国の衛星を捕獲、破壊する能力を持っているとみて、警戒を呼び掛けている。

 国営企業、中国航天科技集団は、24日に打ち上げられた「実践21号」の任務は「宇宙デブリを削減し、無害化するための技術の実証実験」としている。

 米統合宇宙軍のディキンソン司令官は4月、議会での証言で、実践21号のような衛星は、「宇宙攻撃兵器による宇宙優勢」を追求する中国の取り組みの一環だと指摘。「注目すべき衛星は、ロボットアームを搭載した実践17号だ。宇宙でのロボットアーム技術は将来、他の衛星を捕獲することにも利用できる」との見方を示していた。

 実践17号は、通信とデブリの監視に使用されるが、周回軌道上の衛星に接近し、捕獲、破壊することが可能とみられている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


台湾侵略の準備完了、米議会委員会の報告書 前例なき中国の核兵力で高まる威嚇

(2021年11月23日)

中露、米弱体化へコロナ偽情報を悪用-シンクタンク報告書

(2021年11月20日)

中国の「要求リスト」拒否、バイデン米政権の強硬姿勢は変わらず

(2021年11月17日)

中国、感染拡大で新監視システム

(2021年11月14日)

中国、2030年までに1000発の核弾頭を保有か-国防総省報告

(2021年11月13日)

増強進む中国海軍 揚陸艦配備で遠征能力向上、艦艇460隻に -米年次報告

(2021年11月11日)

本紙独占:極超音速兵器なども急速に 米軍中将が中国増強に警鐘

(2021年11月05日)

本紙独占:宇宙で高まる中国の脅威、宇宙軍の幹部が警告

(2021年10月26日)

中国サイバー攻撃大規模化か ネット新規格の危険性

(2021年10月24日)

米軍、新たな脅威への対抗で苦戦―シンクタンク報告

(2021年10月23日)
→その他のニュース