中国が衛星破壊兵器打ち上げか 宇宙ゴミ除去と主張

(2021年10月28日)

キャリアロケット「長征2F」に搭載された有人宇宙船「神舟13号」は、2021年10月16日、中国北西部のゴビ砂漠にある「九泉衛星発射センター」から打ち上げられた。(Chinatopix Via AP)


 中国は、宇宙を新たな主戦場として、衛星破壊兵器(ASAT)など宇宙兵器の開発を進めている。「宇宙デブリ(ごみ)」除去のためとして新たな人工衛星を打ち上げたが、専門家らは、敵対国の衛星を捕獲、破壊する能力を持っているとみて、警戒を呼び掛けている。

 国営企業、中国航天科技集団は、24日に打ち上げられた「実践21号」の任務は「宇宙デブリを削減し、無害化するための技術の実証実験」としている。

 米統合宇宙軍のディキンソン司令官は4月、議会での証言で、実践21号のような衛星は、「宇宙攻撃兵器による宇宙優勢」を追求する中国の取り組みの一環だと指摘。「注目すべき衛星は、ロボットアームを搭載した実践17号だ。宇宙でのロボットアーム技術は将来、他の衛星を捕獲することにも利用できる」との見方を示していた。

 実践17号は、通信とデブリの監視に使用されるが、周回軌道上の衛星に接近し、捕獲、破壊することが可能とみられている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米核戦力の老朽化深刻 中露への対応、近代化が急務

(2022年05月27日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

ルビオ、ファインスタイン上院議員、宇宙軍州兵創設法案を提出

(2022年05月15日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)
→その他のニュース