報道官、バイデン氏の発言で後始末に奔走

(2021年10月29日)

2021年10月22日(金)、ワシントンのホワイトハウスで行われたプレスブリーフィングで発言するホワイトハウスのジェン・プサキ報道官。(AP Photo/Evan Vucci)


 ジェン・サキ大統領報道官は、22日の記者会見で、前夜に行われたCNNの対話集会でのバイデン大統領の失言に関する説明に追われた。

 サキ氏は、バイデン氏がサプライチェーン(供給網)の危機を解決するために州兵を使うと言ったことを撤回し、そのような方法は検討すらしていないと述べた。

 また、台湾防衛に関する米国の立場が誇張されていたと主張、メキシコとの国境に行ったことがあるという発言について説明した。

 対話集会でバイデン氏は、経済を混乱させ、店舗の棚が空っぽになっているサプライチェーンの問題を緩和するために、州兵を派遣すると述べた。

 また、部隊を派遣し、トラックを運転させることを検討するかと聞かれ、「トラック運転手の数を増やすことができなければ、そうだ」と答え、州兵を招集する「タイムテーブル」を用意していると述べた。

 サキ氏は記者団に対し、州兵の派遣は検討していないと述べた。

 サキ氏は、大統領は連邦政府として州兵を招集できるが、通常は州知事の要請に基づいて招集されると指摘したうえで、サプライチェーンの障害を解消するために州兵を使う計画はないと述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ロシア疑惑・アフガン撤退めぐりサリバン補佐官に辞任圧力

(2021年11月24日)

民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

IRS増員は、富裕層の税金逃れを促進するだけ-専門家が警告

(2021年11月18日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

企業への規制強化進めるバイデン政権

(2021年10月27日)

本紙独占:宇宙で高まる中国の脅威、宇宙軍の幹部が警告

(2021年10月26日)

穏健派シネマ上院議員の追い落としをソロスが支援か

(2021年10月22日)

バイデン氏、最高裁判事の任期制限は支持しない

(2021年10月21日)

サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)
→その他のニュース