進まないグアンタナモ閉鎖、政府対応に不満も

(2022年1月19日)

キューバのグアンタナモ湾にある米海軍基地で、約43カ国598人の被拘束者が収容されているキャンプデルタの監視塔から双眼鏡を覗く米陸軍憲兵隊員(2002年9月10日撮影、ファイル)。グアンタナモ湾の収容所に最初の囚人が到着してから20周年となる2022年1月11日(火)。現在、残っている囚人は39人。ピーク時の2003年、同収容所には680人近くの囚人が収容されていた。(AP写真/Lynne Sladky、ファイル)

By Mike Glenn – The Washington Times – Tuesday, January 11, 2022

 バイデン政権幹部は、20年にわたる世界的なテロとの戦いの間に捕らえられ、起訴された39人の戦闘員がまだ拘束されているにもかかわらず、キューバのグアンタナモ湾の米軍収容施設を閉鎖する意向に変わりはないと主張している。

 国防総省のジョン・カービー報道官は、残留している収容者のうち13人は送還の準備ができており、14人は定期的な審査の対象となると述べた。バイデン氏が約1年前に大統領に就任して以来、全員が新たな審査を受けている。

 カービー氏は、グアンタナモの収容施設閉鎖の最善の方法を、国防総省で検討中であり、それ以上のことは話せないと述べた。この施設は、その有用性はとっくに失われ、敵対国の反米プロパガンダとしてしか機能していないと以前から批判されてきた。

 カービー氏は10日、国防総省で「私たちは、この施設を閉鎖することに引き続き尽力する。そしてもちろん、それはすでに非常に少なくなっている収容人数を減らすことを意味する」と、記者団に語った。

 グアンタナモに残っている収容者は三十数人で、9・11同時テロやジョージ・W・ブッシュ政権によるアフガニスタンとイラクでの軍事作戦の後に収容された約800人から大幅に減少している。カービー氏は、「驚くにはあたらないが、彼らは最も扱いにくく、裁きにくい。今、その作業に取り組んでいる」と述べた。

 グアンタナモ閉鎖支持派の中には、バイデン氏の公約の一つである施設の閉鎖について、政権のこれまでの取り組みに不満を持っている人もいる。オバマ大統領も2期にわたって閉鎖を試みたが、議会での反対によって何度も阻まれた。

 ニューヨークの憲法権利センターの弁護士、ウェルズ・ディクソン氏はAP通信に、「バイデン大統領は、政策としてグアンタナモを閉鎖する意向を示しているが、閉鎖に向けた実質的な措置はとっていない」と述べている。

マクロン仏大統領、バイデン氏の電話に出ず

(2022年04月28日)

気候変動補佐官が辞任か ホワイトハウスは否定

(2022年04月22日)

ホワイトハウス、キーストーンXLパイプライン再開の予定はない

(2022年03月16日)

ロシア侵攻直前まで中国と情報を共有した、バイデン政権に批判が

(2022年03月09日)

バイデン氏が初の一般教書演説

(2022年03月07日)

バイデン氏、最高裁判事候補を黒人女性4人に絞る

(2022年02月14日)

ほぼ半数がウクライナ紛争に勝者はない-世論調査

(2022年02月01日)

ロシアとウクライナの戦いが激化、米国の関与に疑問の声も

(2022年01月31日)

下院民主党、引退表明の議員に撤回呼び掛け-中間選挙

(2022年01月31日)

81歳のペロシ下院議長、再選出馬を表明

(2022年01月30日)
→その他のニュース