マクロン仏大統領、バイデン氏の電話に出ず

(2022年4月28日)

2021年10月29日(金)、ローマのラ・ヴィラ・ボナパルトでの会合で握手するジョー・バイデン米大統領(左)とエマニュエル・マクロン仏大統領。今週末にローマで予定されているG20サミットは、COVID-19の大流行が始まって以来、世界最大の経済圏のリーダーたちが直接集まる初めての会合となる。(AP写真/Evan Vucci)


 バイデン大統領は25日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領に大統領選の日の夜、勝利を祝福するために電話をしたが、出なかったと述べた。

 バイデン氏は、24日夜にマクロン氏に連絡を取ろうとした際にマクロン氏のスタッフと話し、25日にもう一度試みると述べた。 バイデン氏は、デラウェア州での週末の旅行からワシントンに戻った後、記者団に「フランスの選挙結果に満足している。昨夜、マクロン氏と話をしようとした。彼のスタッフと話をしたが、マクロン氏はエッフェル塔で勝利を祝っていた。きょう話をするつもりだ」と述べた。

 ホワイトハウスのスタッフは通常、外国の首脳との電話を手配し、他国の首脳が電話に出られないような事態を避ける。

 外国の指導者がバイデン氏からの電話に出なかったのは、今回が初めてではない。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は先月、サウジアラビアの首脳が原油価格の上昇についてバイデン氏と話すことを拒否したと報じた。

 ホワイトハウスは、サウジ首脳に関する報道を「不正確」とし、否定している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年04月29日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)

バイデン政権、米国内のエネルギー採掘再開で左右から激しい批判

(2022年04月23日)
→その他のニュース