IRS増員は、富裕層の税金逃れを促進するだけ-専門家が警告

(2021年11月18日)

2013年3月22日、ワシントンで撮影された内国歳入庁(IRS)の建物の外観。バイデン大統領が提案している8万人以上の内国歳入庁職員の追加雇用計画は、超富裕層が公正な負担を回避するのを助ける結果になる可能性があるとの分析結果が発表された。(AP Photo/Susan Walsh, File)


 バイデン大統領が提案している増税と8万人以上の内国歳入庁(IRS)職員の増員計画は、超富裕層が公平な負担を回避するのを助ける結果になる可能性があるとの分析結果が発表された。

 リバタリアン(自由至上主義者)系のケイトー研究所は11日、民主党が1兆7500億ドルの社会福祉・気候変動法案の中で提唱している増税と控除の新システムは、税制を複雑にし、執行を困難にすると指摘した。

 ケイトーの税制研究ディレクターであるクリス・エドワーズ氏は、複雑になるだけで、執行の強化とは関係なく、連邦政府に支払われるべき税と実際に支払われた税とのギャップは埋まらないと述べた。

 「民主党は、税の格差を縮めるためにIRSの取り締まりを強化したいと考えているが、彼らの税制案は、税法の複雑さを増し、結果的には逆効果になる。税法が複雑になることで、IRSの管理はより困難になり、納税者が想定外の方法で異なる条項を組み合わせることを促し、租税回避や脱税を増加させる」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


ロシア疑惑・アフガン撤退めぐりサリバン補佐官に辞任圧力

(2021年11月24日)

民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

報道官、バイデン氏の発言で後始末に奔走

(2021年10月29日)

企業への規制強化進めるバイデン政権

(2021年10月27日)

バイデン氏、最高裁判事の任期制限は支持しない

(2021年10月21日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)

ホワイトハウス、10万戸の低所得者向け住宅を約束

(2021年09月09日)

バイデン政権、ベラルーシに追加制裁

(2021年08月13日)

バイデン氏、イラクの戦闘部隊、年内に引き揚げ

(2021年08月02日)
→その他のニュース