IRS増員は、富裕層の税金逃れを促進するだけ-専門家が警告

(2021年11月18日)

2013年3月22日、ワシントンで撮影された内国歳入庁(IRS)の建物の外観。バイデン大統領が提案している8万人以上の内国歳入庁職員の追加雇用計画は、超富裕層が公正な負担を回避するのを助ける結果になる可能性があるとの分析結果が発表された。(AP Photo/Susan Walsh, File)

By Haris Alic – The Washington Times – Thursday, November 11, 2021

 バイデン大統領が提案している増税と8万人以上の内国歳入庁(IRS)職員の増員計画は、超富裕層が公平な負担を回避するのを助ける結果になる可能性があるとの分析結果が発表された。

 リバタリアン(自由至上主義者)系のケイトー研究所は11日、民主党が1兆7500億ドルの社会福祉・気候変動法案の中で提唱している増税と控除の新システムは、税制を複雑にし、執行を困難にすると指摘した。

 ケイトーの税制研究ディレクターであるクリス・エドワーズ氏は、複雑になるだけで、執行の強化とは関係なく、連邦政府に支払われるべき税と実際に支払われた税とのギャップは埋まらないと述べた。

 「民主党は、税の格差を縮めるためにIRSの取り締まりを強化したいと考えているが、彼らの税制案は、税法の複雑さを増し、結果的には逆効果になる。税法が複雑になることで、IRSの管理はより困難になり、納税者が想定外の方法で異なる条項を組み合わせることを促し、租税回避や脱税を増加させる」

 肥大化した税法とIRSの官僚主義は、超富裕層が租税回避の手段を追求することを容易にしている。その典型的な例が、富裕層が抜け穴や控除を利用して全体の税負担を減らすことだという。

 経済学者らは、強制力を加えても問題解決にはほとんどならないと言う。むしろ、和解が成立するまで、納税者に多大なコストをかけて訴訟を追求するよう、富裕層にインセンティブを与えるだけだという。ほとんどの場合、和解金と弁護士費用は、当初の税負担よりもかなり少ない。

 さらに税の執行を複雑にしているのは、民主党がバイデン氏の大型法案の中に盛り込もうとしている何百もの新たな税額控除や減免措置だ。このリストには、医療保険からグリーンエネルギーの税額控除まで、あらゆるものが含まれており、税制を拡大し、混乱を招いている。

 超党派の連邦政府機関である議会予算局(CBO)は、最近の報告書で次のように指摘している。

 「税法の複雑さは、コンプライアンス(法令順守)をより困難にし、IRSとの潜在的な紛争の分野を増やしている」

 民主党は長い間、IRSの権限と能力を拡大することを望んできた。

 政府高官は、IRSの職員を増員して、政府が適切な税務執行に取り組んでいることを示すことで、富裕層の「公正な負担」を確実にすることができると述べている。

 ウォリー・アデイエモ財務副長官は、「監査に重点を置き、監査が行われていることを人々が見れば、コンプライアンスが向上する。より多くの捜査官が納税申告書をチェックしているのを見れば、人々は最終的にペナルティーを支払うよりも、支払った方がいいと判断する」」と述べている。

 ホワイトハウスは、8万人以上のIRS職員を増員することで、今後10年間で約4000億ドルの未払い税金を回収できると見積もっている。

 共和党は、この数字の正確さに異議を唱えている。彼らは、IRSの取り締まり強化の真のターゲットは、監査に異議を唱えるための弁護士費用を払えない一般の国民になるだろうと主張している。

 ミッチ・マコネル上院共和党院内総務(ケンタッキー州)は、「彼らは、一般の国民全員を実質的にIRSの監査を受けているかのように扱うことで、大量の支出を賄おうとしている。大統領は、すべての人が自身で監査するよう訴えていたことがあったと思うのだが、いつのことだったか」と述べた。

マクロン仏大統領、バイデン氏の電話に出ず

(2022年04月28日)

気候変動補佐官が辞任か ホワイトハウスは否定

(2022年04月22日)

ホワイトハウス、キーストーンXLパイプライン再開の予定はない

(2022年03月16日)

ロシア侵攻直前まで中国と情報を共有した、バイデン政権に批判が

(2022年03月09日)

バイデン氏が初の一般教書演説

(2022年03月07日)

バイデン氏、最高裁判事候補を黒人女性4人に絞る

(2022年02月14日)

進まないグアンタナモ閉鎖、政府対応に不満も

(2022年01月19日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)
→その他のニュース