ロシア疑惑・アフガン撤退めぐりサリバン補佐官に辞任圧力

(2021年11月24日)

2021年6月7日(月)、ワシントンのホワイトハウスで行われたプレスブリーフィングで話すホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安全保障担当顧問。(AP Photo/Evan Vucci, File)


 ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、米国のアフガニスタン撤退での失敗ですでに非難を浴びているが、ロシアと、2016年の大統領選でのトランプ陣営との共謀の主張との関連性が疑われ、辞任を求める声が高まっている。

 ジョン・ダーラム特別検察官は先週、民主党の弁護士マイケル・サスマン氏を、トランプ氏とロシアについて連邦捜査局(FBI)にうそをついたとして起訴したが、複数のメディアが報じたところによると、サリバン氏は、起訴状に記載されている「外交政策顧問」とみられている。サリバン氏は、大統領選に2度、立候補したヒラリー・クリントン元国務長官の長年の腹心でもある。

 FOXニュースは、「有力な情報源」を引用して、サリバン氏が問題の顧問だと最初に報じた。それによると、サリバン氏は、2016年の選挙戦中にロシアとの共謀説を広めようとしたクリントン陣営の取り組みに関与していたようだ。

 トランプ氏はこれらの容疑を激しく糾弾しており、ダーラム氏の捜査は、そもそも共謀説の拡散を助けた主要な情報源の一部が信用できないものだったことを示唆している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

IRS増員は、富裕層の税金逃れを促進するだけ-専門家が警告

(2021年11月18日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

報道官、バイデン氏の発言で後始末に奔走

(2021年10月29日)

企業への規制強化進めるバイデン政権

(2021年10月27日)

バイデン氏、最高裁判事の任期制限は支持しない

(2021年10月21日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)

ホワイトハウス、10万戸の低所得者向け住宅を約束

(2021年09月09日)

バイデン政権、ベラルーシに追加制裁

(2021年08月13日)

バイデン氏、イラクの戦闘部隊、年内に引き揚げ

(2021年08月02日)
→その他のニュース